川崎市で冷蔵庫の引越し方法

川崎市での引越しの2日前くらいまでには冷蔵庫の中身をからにしておきたいところ。冷蔵庫の中をからにするには、引越しの1週間くらい前から計画的に食材を使っていきます。今あるものを使って料理し、できるだけ食材を買わないようにしましょう。インターネットで残り物レシピなどと検索すると、残り物をうまく活用できると思います。

どうしても残ってしまったときは、引越し先が近い場合は保冷バックに入れて持ち運ぶことができます。ドレッシングやジャムは残ってしまうと思います。ジャムは傷みにくいので保冷バッグに入れて運べます。液体がこぼれないように袋に入れて、袋の口をしっかり縛っておきましょう。

引越し前日には冷蔵庫の電源を抜きます。霜取りをして水を抜くことで他の荷物が濡れないようにします。冷蔵庫の電源を切ったら中を掃除しておくとよいです。中身が空になって掃除しやすい絶好のチャンスです。

川崎市の引越しが終わり新居についてもすぐには電源を入れないでください。車で運ばれる振動で冷却サイクルの中の液体が不安定になっていて、故障を起こす可能性があります。しばらく待って液体が安定してから電源を入れます。

Comments are closed.